刻々と変化する社会や医療のニーズに柔軟に応えられる質の高いケアを常に実践していくために、看護職は生涯自ら系統的な学習を続けることが求められます。兵庫県看護協会では、こうした看護専門職の学びを支え、キャリアを開発する教育研修プログラムを充実させています。







CNS/CN/看護管理者の活用




平成30年度 教育研修計画

教育理念

兵庫県看護協会は、保健・医療・福祉のニーズの多様化、複雑化に柔軟に対応し、質の高い看護を提供できるよう看護職のキャリア開発を支援するとともに地域に貢献できる人材を育成する。

教育目的

1.社会が求める質の高いヘルスケアサービスの提供ができる看護職の育成
2.地域包括ケアシステムの構築が推進できる看護職の育成

教育目標

1.いつでも、どこでも、だれにでも必要な看護が実践できる看護職を育成する。
2.社会の変化や現状に即した組織マネジメントができる看護管理者を育成する。
3.地域包括ケアシステム構築においてリーダーシップを発揮し、コーディネートができる
  看護職を育成する。
4.専門職業人として自己研鑽し、自らキャリア開発することのできる看護職を育成する。
5.倫理綱領に基づいて、ケアの受け手の尊厳と多様性を尊重した看護ができる看護職を育
  成する。
6.科学的根拠に基づいた質の高い看護実践ができる看護職を育成する。