「病院に行くほどでもないけど、ちょっと相談したい」
そんな時、「まちの保健室」に気軽に立ち寄ってみませんか。

皆様の地域に看護職が出向き、健康相談をしています。
[ 神戸市委託事業 ]
主に神戸市内の地域福祉センターで行われる地域住民による自主活動などに、看護職ボランティアを派遣し健康相談を実施することで、健康の維持増進や介護予防を図ります。

また、地域住民による健康づくりや介護予防のための地域の取り組みを支援します。

「看護の日(5月12日)」、「介護の日(11月11日)」に合わせて、例年5月・11月に看護職の専門知識と技術を活用したイベントを開催しています。
お誘いあわせの上、ご来場ください。