兵庫県看護協会は定款第3条の目的を達成するために9つの事業を行っています。

兵庫県看護協会9つの事業

  1. 看護教育及び学会等学術振興に関する事業
  2. 看護に係る調査及び研究並びに看護業務及び看護制度の改善への提言に関する事業
  3. 看護職の労働環境等の改善及び就業促進による人々の健康及び福祉の増進に関する事業
  4. 地域ケアサービスの実施及び促進に関する事業
  5. 災害、健康危機支援に関する事業
  6. 看護の国際交流に関する事業
  7. 看護の普及啓発に関する事業
  8. 施設の貸与に関する事業
  9. その他本会の目的を達成するために必要な事業

平成29年度の4つの重点事業

 2025年に向けて、だれもが障がいや疾病があっても住み慣れた地域で、安心して最期まで自分らしい生活が送れるように、兵庫県では地域医療構想が策定され、県下各市町では地域包括ケアシステムづくりが本格的に動き出しました。このような中で、看護には、高度急性期から在宅医療・介護までのサービスを切れ目なく提供するために、医療と生活の両方の視点を持ったケアの提供とともに、看‐看協働や多職種協働による地域の看護提供体制づくりが求められています。
 日本看護協会では、看護の将来ビジョン達成に向けて、看護実践能力の指標としてクリニカルラダーを公表するとともに、看護職共通の看護実践要求レベルと責務を示す「看護業務基準」を改訂しました。兵庫県看護協会においても、時代が求める地域ニーズに対応できる看護の実現に向けて、平成29年度は次の4つの重点事業を取り組みます。

1.地域包括ケア時代に対応できる人材育成
2.地域の看護提供体制づくりを強化し、地域包括ケア体制の構築
3.看護職が働き続けられる勤務環境づくりの推進
4.支部、施設での平時の健康危機体制の構築

※各項目をクリックして頂きますと説明資料(PDF)が開きます。