教育目的

  1. 第一線監督者または中間管理者に求められる基本的責務を遂行するために必要な知識・技術・態度を習得する。
  2. 施設の理念ならびに看護部門の理念との整合性をはかりながら担当部署の看護目標を設定し、その達成をめざして看護管理過程が展開できる能力を高める。

認定看護管理者教育課程カリキュラム  総時間数180時間

教 科 目単    元(学習内容)時間数
看護組織管理論組織マネジメントの基本理論、組織の意思決定、変革理論、組織文化のマネジメント、看護組織のナレッジマネジメント、組織分析(組織診断)、看護ケア提供方式の構築、コンフリクトマネジメント45
人的資源活用論人材を育てる看護マネジメント、人材育成計画、経験学習とリフレクション、看護人事、人づくり職場づくりネットワークづくり、労務管理、ストレスマネジメント、人材を活かす看護マネジメント、動機づけ理論の活用45
ヘルスケアサービス管理論保健・医療・福祉サービス提供組織の仕組みと連携、専門職チームによるヘルスケアシステムと課題、ヘルスケアサービスの連携、スキルミクス・看護業務管理、施設環境のマネジメント、安全管理、自部署の災害の備え、看護サービスの質保証と改善、看護管理と研究の活用、ヘルスケアサービスへの情報活用とマネジメント45
医療経済論我が国における社会保障と医療経済、医業収支と病院経営、看護サービスにおける経済性、看護活動の経済的評価30
統合演習統合演習(変革企画書の作成を含む)15