教育目的

  1. 看護専門職として必要な管理に関する基本的知識・技術・態度を習得する。
  2. 看護を提供するための組織化並びにその運営の責任の一端を担うために必要な知識・技術・態度を習得する。
  3. 組織的看護サービス提供上の諸問題を客観的に分析する能力を高める。

認定看護管理者教育課程カリキュラム  総時間数150時間(+3時間)

教 科 目単    元(学習内容)時間数
看護管理概論看護管理の概要、看護管理に必要な基礎知識、看護管理者の役割と活動、労働者として学ぶ労務管理の基礎知識、健康管理・WLB15
看護専門職論看護専門職の役割と機能、看護業務の行動指針、看護基礎教育制度と継続教育、看護実践における倫理、看護の社会的責務と法的根拠30
ヘルスケアシステム論我が国におけるヘルスケアシステムの構造、看護活動と診療報酬、兵庫県における保健医療福祉計画15
看護サービス提供論看護サービスの概要、論理的思考と論文構成、問題解決思考と過程、看護サービスの質評価と改善、看護サービスの安全管理、看護サービスと記録30
グループマネジメントグループマネジメントの基礎理論、コミュニケーション、看護業務の割り当て・権限委譲、チーム医療と看護の専門性、チーム医療とカンファレンス30
人材育成論人材育成の基礎知識、人材育成の方法、リフレクションの理解15
看護情報論医療・看護情報の概要、看護情報の倫理的側面と対応、看護実践に活かす情報管理、文献検索15
その他災害看護の基礎知識(3)