今こそ地域連携・乗り切ろう看護の力で

今年度はいきなりコロナ禍に見舞われ、医療の現場は騒然となり従来の感染対策ではまだ不十分であることを思い知らされました。これからはより強固な地域連携、ネットワークが必要となります。支部内での情報交換に努め、各委員会活動にコロナ対策も盛り込んでいけたらと思っています。年2回の会員会では健康危機をテーマに講演を、教育委員会では「口腔ケア」「フィジカルアセスメント」の実技研修、地域連携窓口では「診療所カフェ」を計画しています。まちの保健室は地域のニーズに合わせ三密対策を守りながら活動していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


神戸西部支部地区理事 大前 薫