顔の見える関係づくりで、地域看護の連携を目指す

この度、阪神北支部理事を拝命し、その任の重さに身の引き締まる思いです。
今回のパンデミックは未曽有の出来事であり、人々の生活を脅かしました。その中で、第一線で果敢に立ち向かう看護師の姿は人々の力になり、看護師の存在の大きさを社会に示すことにつながったと感じています。
この2年間、看護協会としての活動が十分に行うことが出来ず,もどかしい思いで過ごしてまいりました。これから社会がどのように変化していくかは未知数ではありますが、“challenge”・“create”・“communication”を大切に、任務を遂行したいと思います。ご指導・ご協力をいただきますよう、宜しくお願い致します。   


阪神北支部理事 菅村 幸代