顔の見える関係づくりで、地域看護の連携を目指す

阪神北支部では、教育・医療安全・まちの保健室事業が地域に根差した活動になるよう検討し実施しています。特にまちの保健室事業は、ブロック毎の活動が主体となっていますが、支部活動の際は担当者が結集し、地域住民の健康増進に寄与しています。
今年度は、支部会員の皆様のご協力を頂きながら、支部会員の交流を充実させるために、顔の見える関係づくりを目指します。まずは、ブロック単位で連携していくための課題を明らかにして活動してまいります。


阪神北支部地区理事  竹原 三千代