目的

主として地域福祉センター等で行われる地域住民による自主活動の際に、看護師、保健師等の医療専門職を派遣し健康相談を実施することで、健康の維持増進や介護予防を図るとともに、地域住民による健康づくりや介護予防のための地域の取り組みの促進を図る。

サポーターの資質の向上

地域で相談を実施する際の情報・知識となる内容の研修会及び、健康サポーター同士が集い活動の情報交換ができる交流会を開催する

研修会のお知らせ

テーマ『暮らしの中で どう生き、どう終えるか』


講師:上智大学グリーフケア研究所 特任所長 高木 慶子 様

講師プロフィール
熊本県生まれ。聖心女子大学文学部心理学科卒業。上智大学神学部修士課程修了。博士(宗教文化)。現在、上智大学グリーフケア研究所特任所長。「生と死を考える会全国協議会」会長。「兵庫・生と死を考える会」会長。一般社団法人グリーフケアパートナー理事。援助修道会会員。「日本スピリチュアルケア学会」理事長。
兵庫県「県勢高揚功労」(2015年度)、「カトリック大学連盟 カトリック学術研究奨励賞」受賞、「神戸新聞 第63回平和賞」受賞、「財団法人兵庫地域政策研究所機構 第7回21世紀のまちづくり・研究部門賞」受賞、など。
三十数年来、ターミナル(終末期)にある人々のスピリチュアルケア、及び悲嘆にある人々のグリーフケアに携わる一方、学校教育現場で使用できる「生と死の教育」カリキュラムビデオを制作。幅広い分野で全国的にテレビや講演会で活躍中。

日時・会場

平成31年4月20日(土) 14:00~16:00
公益社団法人兵庫県看護協会 2階ハーモニーホール

参加費

無料

お申込みについて

  • 健康サポーターに限らず、県内看護職や地域の皆様もぜひお誘いあわせてご参加ください
  • 申込先着300名まで。参加申込書に必要事項をご記入の上FAXにてお申込みください
  • 申込締切:平成31年4月1日(月)[定員になり次第締め切りとなります]
  • 参加申込書に ①代表者の氏名・所属先(該当なき場合不要)・連絡先、②同伴する方々の氏名をお知らせください

その他詳細は以下のご案内・参加申込書をご覧ください