兵庫県看護協会は定款第3条の目的を達成するために9つの事業を行っています。

兵庫県看護協会9つの事業

  1. 看護教育及び学会等学術振興に関する事業
  2. 看護に係る調査及び研究並びに看護業務及び看護制度の改善への提言に関する事業
  3. 看護職の労働環境等の改善及び就業促進による人々の健康及び福祉の増進に関する事業
  4. 地域ケアサービスの実施及び促進に関する事業
  5. 災害、健康危機支援に関する事業
  6. 看護の国際交流に関する事業
  7. 看護の普及啓発に関する事業
  8. 施設の貸与に関する事業
  9. その他本会の目的を達成するために必要な事業

2019年度の4つの重点事業

 団塊の世代が75歳以上となる2025年まであと数年となりました。少子超高齢社会の人口疾病構造を見据えた社会保障制度改革が進み、兵庫県では、保健医療計画や地域医療構想のもと、病床機能の分化や地域包括ケアシステムづくりが本格的に動き出しました。
 医療・介護制度の改革が進み、入院医療から在宅医療まで切れ目のない医療提供体制づくりが進むなか、病気や障がいを抱えながら地域で暮らす人々が増えています。誰もが住み慣れた地域で安心して最期まで暮らせる社会の実現に向けて、医療と生活の両方の視点を持つ看護職には、チーム医療のキーパーソンとしてのニーズが高まっています。
 兵庫県看護協会は、時代が求める看護の実現に向けて、しっかりと先を見据え、人々の健康で豊かな暮らしに寄与する看護専門職団体です。よりよい看護が提供でき、一人一人の看護職が健康でやりがいを持って働き続けられるよう、2019年度には次の4つの重点事業を柱として取り組んでまいります。

2019年度兵庫県看護協会重点事業

  1. 地域包括ケアを担う人材育成
  2. 地域包括ケアの看護提供体制構築と推進
  3. 看護職が健康で安全に働き続けられる職場環境づくりの推進
  4. 支部、施設での平時の健康危機体制の推進