その他のお知らせ

~地域支援事業のあり方を問う~
兵庫県プライマリ・ケア協議会研究集会が開催されます。詳細の以下のとおりです。

研究集会次第

司会:兵庫県栄養士会会長 榊 由美子
テーマ=地域支援事業のあり方を問う
【挨拶】
兵庫県医師会会長 空地 顕一
兵庫県健康福祉部参事兼医務課長 味木 和喜子
【幹事会報告】
兵庫県訪問看護ステーション連絡協議会副会長 小田 美紀子
【基調講演】
座長:兵庫県医師会常任理事 橋本 彰則
演題:「地域包括ケアシステムの深化・推進に向けて」
講師:兵庫県健康福祉部少子高齢局高齢対策課課長 津曲 共和 氏
【シンポジウム】
座長:兵庫県医師会理事 三浦 一樹
「若手学会専門医としての在宅医療」西村医院(加古川市):稲岡 雄太氏
「地域支援事業への急性期病院の関わり」-多職種連携と認定看護師の役割- 明石市立市民病院MSW:柴田 麻姫氏
「オーラルフレイルについて」山川歯科医院(明石市)兵庫県歯科医師会地域保健常任委員会副委員長:山川 達也氏
「地域支援事業の実際と市及び地域包括支援センターの役割」小野市地域包括支援センター主幹:大橋 節代 氏
「地域支援事業の実際とリハビリテーション専門職の役割」洲本市役所健康福祉部健康増進課:畑山 浩志氏
【閉会挨拶】
兵庫県医師会副会長(日本プライマリ・ケア連合学会兵庫県支部長) 足立 光平




日時

2017年12月17日(日)
ポスター展示/13:00~
研究集会/14:00~17:00

参加費:無料

会場:兵庫県医師会館2階大会議室

主催:兵庫県プライマリ・ケア協議会

申込み先

別紙申込書にご記入の上、上記事務局までお申込みください。
申込書・チラシダウンロードはこちら⇒⇒