トピックス

2011年1月24日 (月) update!

市内のインフルエンザの流行状況を示す定点医療機関あたりの患者数は、直近の2011年第2週に7.2人となり、流行の目安となる1人を超えた前週の2.4人に対して3倍と、急速な流行の広がりを示しています。

現在、昨年秋から検出された季節性の1香港型に加え、昨年度に大きな流行を引き起こした新型インフルエンザへの感染が増加しており、こどもから高齢社まですべての年齢層で注意が必要です。

例年、インフルエンザは1月中旬から2月下旬にかけて流行のピークを迎えることから、手洗いやうがいの徹底、こまめな換気などの感染予防とともに、栄養バランスの良い食事や十分な休養などの健康維持に努め、インフルエンザの流行に備え、感染の拡大防止や重症者を増やさないようご協力をお願いします。

知っておいていただきたいこと、感染防止について

※神戸市役所のページにリンクします。
いまどき情報&耳寄り情報
手洗い方法

予防接種

ンフルエンザの予防接種は、インフルエンザにかかった場合の重症化の予防に有効です。今年度は、季節せいと新型の両方に効果があるワクチンの接種を進めており、3月までかかりつけ医で摂取できます。接種の優先順位もありません。

電話相談

インフルエンザに関する相談窓口を開設していますので、ご活用ください。

電話番号 / 078-335-2151
ファックス / 078-322-6763
受付時間 / 平日 9:00~17:00(祝祭日を除く)