トピックス

2014年5月28日 (水) update!

神戸市より医療廃棄物等に関する事故の未然防止と適正処理の徹底についてご案内がありましたので、お知らせします。

概要

1. 医療廃棄物等の適正処理について
1) 医療機関から排出される 感染性廃棄物、非感染性産業廃棄物、および事業系一般廃棄物について、発生時点で確実に分別・保管し、それぞれの処理に係る許可を有する業者に委託するなど適正に処理してください。
2) 医療廃棄物の運搬または処分を委託する際は、必ず事業者と委託契約を締結し、マニフェストの確実な交付、保管を行うとともに、処分終了までの一連の工程において処理が適正に行われるよう十分な注意を払うなど、不適正処理の防止に努めてください。
3) 患者から回収している医療関係機関にあっては、医療廃棄物と家庭系ごみを確実に分別し、互いに混入しないよう管理を徹底してください。

2. 患者に関する指導について

在宅医療に伴う廃棄物については、平成20年度に配布した「在宅医療廃棄物の安全な処理のお願い」に基づいて在宅医療の患者・ご家族の皆様にご指導いただいているところです。ついては、注射針等の鋭利なものや感染性があると判断されるものが適正に処理されるよう、引き続きご協力をお願いします。

医療関係の廃棄物適正処理ルールBOOK(PDF/19,363KB)
医療関係機関のごみの出し方ルールのしおり(PDF/1,206KB)

お問い合わせ

神戸市環境局事業系廃棄物対策室
Tel / 078-322-6672