令和元年度 在宅看護連携強化事業『看―看連携研修』における
研修受入意向調査について(ご依頼)

 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 平素は、本会活動にご理解ご協力をいただき、厚くお礼申し上げます。
 地域包括ケアシステム構築のため、様々な場所で働く看護職が連携し在宅療養者を支援できるよう、今年度も『看-看連携研修』を開催したいと存じます。つきましては、ご多用中恐れ入りますが、「研修受け入れ意向調査票」について、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
 なお、ご協力いただける場合には、「研修受け入れ意向調査票」に記入後、8月20日(火)までにFAXにてご返送いただきますようお願いいたします。

≪令和元年度『看-看連携研修』の概要≫

1.目的

地域住民が、住み慣れた地域で安心して在宅療養を続けられるよう支援するために、病院、訪問看護事業所及び介護関連施設等の看護職が互いに役割や専門性を理解し、連携できる関係を構築する。

2.研修時期及び期間

令和元年10月~令和2年2月までの貴施設が受け入れ可能な期間で、連続2日間
※2日連続で実施できない場合は、施設間の調整により間隔をあけて設定する。

3.研修受講要件

兵庫県内の病院、訪問看護事業所、介護関連施設等に勤務する看護師

4.研修受け入れ方法

研修希望者(施設)が、研修協力施設に直接申し込む。
研修人数や時期等については、相互で調整する。

5.研修内容

実施要項をご参照ください。


6.謝金について

実施期間中の全受け入れ人数に応じて、兵庫県看護協会から支払う。
(研修生4名まで:計5,000円、5名以上:計10,000円)

7.その他

研修終了後、「報告書」、「研修指導料請求書」を看護協会へ提出する。

詳細はこちらをご覧ください。



問合せ先

公益社団法人兵庫県看護協会 事業部
〒655-0011 神戸市中央区下山手通5-6-24
TEL:078-341-0255(直通)/FAX:078-361-6652